本が大好きな小学生の娘が、わたなべぽんさんの「やめてみた。」という本の魅力をご紹介します

わたなべぽん やめてみた

2019.1.14
2018年に私が新しく始めたことの1つがブログです。
仕事や家事がひと段落し、空いた時間ができるとキーボードを叩いてブログ記事を書き進めています。
今回は、そんな私の姿を見ていた小学4年生の娘が「私もブログを書いてみたい」「大好きな本を知ってもらいたい」という思いで書いた記事です。

週に10冊20冊と読むほどに読書が大好きな娘の、特にお気に入りの本 の紹介となります。
元々私が買った本なのですが、娘が何度も何度も読み返して読んでいるくらい好きな本ですので、よかったら是非読んでみてください。

わたなべぽんさんの本 「やめてみた。」を娘がご紹介します

今回は、「やめてみた」 という まんが を紹介します。

これは わたなべぽんさん が書いたまんがです。

「やめてみた」は、本当に必要なものが見えていくお話です。

これを読んで、「やめてみた」の 本のことを少しでも、みなさんに 知っていただけると 、うれしいです。

女性の方が特におすすめですが、子供も読んでいて面白いと思います。

女性の方におすすめなのは、お化粧の話や、服の話、そうじの話などが面白く書いてあるからです。

子どもも読んでいて面白いのは、そうじの話など意味が分からなくても マンガなので楽しく読める からです。

この本の魅力は・・?

この本が面白いと思ったのは、 人物の表情が大げさで、面白い からです。

一番面白いところは、 スマートフォンの巻 です。
主人公のぽんがスマートフォンばかり見ていて、夫がすごく怒ったところです。

心に残ったところは

心に残ったところは2つあります。

一つ目は、 もやもや人間関係の巻 です。
ぽんの友達の夫の一言 「そんなにもやもやするんなら友達付き合いやめればいいんじゃないの?」 これは子供でも、友達付き合いをやめるのはできないかもしれないけれど、 距離を置くことは、できるかもしれません。

二つ目は、 お詫びの巻 です。
ぽんは、いつも「ごめんなさい」や「すいません」と言っていたので友達や夫が気になっていて、ついに ぽんの夫が言いました。

「そこはありがとうでしょ」

みなさんも、「ごめんなさい」や「すみません」と言ってしまう方もいると思います。
ぜひ、この本を読んで「ありがとう」に変えてみて下さい。

わたなべぽんさんが子育てから思ったこと

ここからは、 子育てについての、テレビの巻 です。

ご飯を食べながらテレビを見ることはあると思います。

そのとき、テレビに集中しすぎて ご飯が進まない、こぼすなどあると思います。

「やめてみた」の本では、ぽんの友達と、その 子供が、家に来た時に友達が 「TVやDVDは時間を制限して見せることにしたんだよね」 と言われて、ぽんは耳が痛くなりました。

幼児の話なのになぜか自分(ぽん)も幼児と同じで、こぼす、夫の話が聞けない、つい寝るのが三時に… などということがあったからです。

よく考えてみたら、私もテレビを見て、寝るのが遅くなってしまうこともありました。 

皆さんはどうですか?

まとめ

わたなべ ぽんさんの 本は、他にも しゅるいがあり
「もっと やめてみた」「部屋がキレイになりました」
「スリム美人の生活習慣を真似したら」などがあります。

とても面白い本です。
 ぜひ読んでみてください。

管理人からひとこと

私がブログをやり始めて、娘は、「私も書いてみたい!」といつも言っていました。
講習へ出かけている間に一生懸命打って作っていたようなので、今回ご紹介させていただきました。

この本は、物の多い現代社会、人間関係も複雑になった筆者がいろんな負担をやめて生き生きしていくお話です。
雑多な社会のヒントになればと思います。