脳を老けさせない卵料理

卵料理が脳を老けさせない

2018.8.29
脳はいつまでも元気なのが一番

脳は、とっている栄養によっても影響をうけます。
脳にいい栄養としては、卵や牛乳に含まれるたんぱく源やカルシウム、エネルギーとしては糖質が脳の栄養となります。
卵にDHAやヨウ素豊富というのもあるのですが、エサに成分豊富な、海藻や貝殻、木酢などを混ぜているのです。
黄身の色も、エサによって薄い黄色だったりオレンジに近い黄身色になったりします。

卵は、一週間に4個以上食べた方が、2類糖尿病になるリスクも35%も低下させる力があります。

脳を老けさせず美肌にもいい卵は、コレステロールにも影響ないという研究結果も出て、
積極的にとりたい栄養です。

脳を老けさせない卵料理は

炒り卵に、ブロッコリースプラウトを散らす、ブロッコリースプラウト炒り卵

そして、鶏のささみのそぼろと、この炒り卵にブロッコリースプラウトを散らして食べると、脳にいい卵やささみによって高たんぱくな良質な栄養が摂れますね。

卵の保存方法で一番いいのは 〇〇

卵は食中毒菌に侵されやすいので、10~60度くらいなところに置くと、食中毒菌に侵されやすくなります。
保存しておくには、卵焼きを作って、冷凍保存 が一番いい方法です。

食べる時はしっかり熱を通して食べることです。!